柳星の季節

トモアキ作品&ネギまメイン。まったり進行中。

ヒマワリ6巻・感想!

どうもこんばんは…もといおはようございます、サイクルです。
連休も何だかんだで過ぎるの早い…!

さて、先日5月1日に
「ヒマワリ:unUtopial World 6」
が発売されました!5巻発売から半年、
安定したペースが続いてくれているのは本当にありがたい…!
今回はゴールデンウィークなのでいつ発売かなーと気にしていましたが、
札幌は30日発売でした。まとまった時間を確保しようとしていたら
少し読むのは遅くなってしまいましたが…!

それでは早速感想に参りましょう!続きは追記からどうぞー。

※ここから先はがっつりネタバレを含みます。ご注意ください。













○表紙
表紙を飾ったのは睡蓮、5巻の鈴蘭と並んで姉妹表紙…!
夕日の色に白の巫女服が映えますねー。
あと、少し髪がふわっと見えるからか過去作品とも
また少し違った雰囲気でこれはこれで素敵…!

あと、今回の帯には

神霊班時代の下っ端ヒデオ 下剋上の刻、来たる!?


というアオリ文が。ここだけ見るとヒデオ主人公では…!?




○特典
こちらでも紹介していますが、
アニメイト…イラストカード
ゲーマーズ…ブロマイド
とらのあな…無し
メロンブックス…ブックカバー
コミックZIN…なし

といった内容で。やっぱりブックカバーは欲しいなって!
まぁ何だかんだで特典は全部欲しいなーと毎回なってますが。




○まえがき
このQ&Aがこの巻最大の伏線になるとは…いや流石に
ここまでとは予想できねぇよなコレ!!?
読後に再びこのまえがきに戻ってきた人も多いのではなかろうか…





○あらすじ

ゼネフへの手掛かりを探しながら本戦を勝ち進むヒマ☆姫ペア。
しかし決勝ステージへの出場権を賭けた小大会、遂に最強の
睡蓮・シシルペアが立ちはだかる!圧倒的不利な状況の中、
二代目聖魔王たるヒデオが取った行動とは―――!?







それでは、いくつか気になった所の感想をー。




○都市刑事ジャバン
実はルール・オブ・ルーラーに参加しつつ都市警備隊長としても
尽力していたジャバンさん。マスラヲのラストで語られていたように、
あれ以降引き続き都市滞在組として頑張っていたんですね…!

正義対決では惜しくもロボのプラチナさんに負けてしまいましたが…
冷静に考えて、マッケンリーがスポンサーについてる組織相手に
個人技術でここまで対抗できるのはやはり割とぶっ飛んでるな…!?
ある意味グレイとか以上に謎の多いペアな気もします。




○亡霊部隊とフォース
「組織」の成果の一つとしてレイセンで役目を担った亡霊部隊ですが、
ここで再登場するとは…!そしてヨーゼフさん女性だったのか!
記憶を失った事で日常を知り、過去を悔いるルドルフさんと
だからこそ止まる気がないヒマワリのどちらも少し切ない…
ルドルフさんと美野里には幸せになってほしいですが。

あと、GRXrのトップがついに出てきましたが…こいつもこいつで
やっぱり相当におかしいな!?それでも組織のナンバー3ですし、
今後更に何か厄介な関わり方をしてきそうですねー…




○川村ヒデオ
ええ、あらすじを見た時に「ヒデオメインで来るのかな?」と思いました。
ええ、こないだの記事で書いた通りヒデオの水着に期待もしてました。



……

………だからってここまでとは予想できるかっ…!!!

レイセン3巻の「晒しし者」、ある意味でそれを超えてくる今回の姿。
これぞゴッドモザイク…!というかイラストで盛大に笑ったわ!!!
家の落ち着ける場所で読んでいて良かった…外だったら即死だった…
まさか6巻の4割近くでアロハ+モザイクを通すとは…

しかし、そんな状態ではあるもののその精神と眼差しに曇りはなく。
組織ナンバー1のマッケンリーを(社会的な)敗北寸前まで追い込む、
睡蓮シシルペアをヒデオだからこその方法で突破する、
マッケンジーとゼネフの暗躍を結果的に妨害するなど多大な戦果を。
未来視の魔眼は健在なんだなぁと思えて嬉しい…

そしてマッケンジーとの会話、召喚師としてのシシルとの
勝負の中で描かれるそれぞれの意志…その上でなお、
命という奇跡を肯定し、精霊を友として信じるヒデオの
変わらぬ在り方が本当に、本当に素敵で。
股間がモザイク姿なことを一瞬忘れてしまうほどに。




○鈴蘭とヒデオ
今回の件で危うく結婚する所だった二人ですが、ゼネフの警戒を見ると
ヒマワリルートではヒデオは生涯独身だったという事に…?
ただ、ヒマワリルートとミスマルカ世界はまた異なるようですし、
姉妹喧嘩に発展した睡蓮も含めて実際どうなんだろうなぁ…
という辺りではありますよねー。





○あとがき
担当さんの感想、確かに分かるものがある…!
レイセンやミスマルカのラストも無論好きですし、
この勢い任せだけど不思議と上手く畳まれていく空気感も
やはり本当に大好きなんだよなぁ!と改めて思う次第ですね。

そしてヒマワリは全8巻予定か…!
確かに昨今、それより巻数少なくてもアニメ化する作品とか
あったりしますし。ともあれ完結まで読めるというのは、
読者にとって本当に幸せな事なのでありがたい限りです。

あとランスⅩは周囲の評価を聞いた感じホント面白いらしいですね!
私は買ってませんがこれはやはり挑まねば…!





と、簡単ではありますが感想でした。色々あったけれど
ヒデオが全てを持っていった…!な巻だった気がします。
読後に改めてあらすじ読むと結構脳内イメージ変わるのでは。
それでも、いやだからこそ今回も素晴らしい熱量でした!


ルール・オブ・ルーラーもいよいよ終盤、ヒマワリ&ミサキ・
ゼネフ・「組織」・魔殺商会・ヒデオ…それぞれが願う未来は
どのように交差し、そしてジャックポットへ至った世界で
誰がその願いを掴むのか…!

残り2巻、いよいよ決着が迫る大会で何が起こるのか…
ミスマルカへと至る物語、精霊サーガ完結編・第7巻、
本当に、本当に楽しみです!

次巻の発売時期は触れられていませんでしたが、このペースだと
やはり10~11月くらいかなーと期待してしまいますねー。

それでは今回はこの辺でノシ




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cyclescorp.blog42.fc2.com/tb.php/693-5a5cfc1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad