柳星の季節

トモアキ作品&ネギまメイン。まったり進行中。

2015年のオススメ本。

そろそろおはようございます、サイクルです。
コミケも終盤、ぼちぼち店舗側にも色々入荷していそうなので
なるべく早く見に行きたいですねー。

さて今回は今年最後の記事らしく、2015年に発売された書籍から
個人的にかなり気に入った作品の紹介でも。読書記録記事の中で書いている、
気に入った本のまとめに近い形になりますが…続きは追記からどうぞー。













紹介は大雑把に以下の3種分類で。




○新作(2015年に1巻が発売)


戯言シリーズからは間違いなくかなりの影響を受けていますし、
緋色の英雄が告知されて以降随分と待ったので嬉しくない筈がないですね!
潤さんの変わらぬ最強っぷりは勿論、作中であの人やあの人の事が
ちょっと触れられているのもまた嬉しい…



藤原先生作品のダークな感じがとても好きなので、新作が
出てくれたのは嬉しい…というかこれだけじゃなく、@HOMEも
ロストウィッチも続き読みたくて仕方ないんだよ…!
来年こそは、と電マガ経由でアンケート送りつつ期待しています。



以前から存在は聞いていたものの、詳細は分かっていなかったので
こうして書籍の形で読める事が本当に嬉しい…!
年2冊ペースでの刊行らしいので、来年は4巻まで読めると思うと
かなりワクワクな感じですね。



やはり好みが分かれるだろう作品ではありますが、
個人的にはかなりお気に入りの上下巻でした。
同じ出来事に相対していても、その視点が変わると
最後に受ける印象もここまで変わるものかーという感じで。
そして灰賀選手本当にいいなぁ…どちらでもそれに変わりはなく。




漫画版と小説版がほぼ同時期に同程度のスピードで進行するのは
割と珍しい気がするので、そういう意味でも面白いですねー。
どんな動きしてたんだコレ…というのも相互補完で理解が深まりますし。
あと、余談ですがこの1巻同時発売キャンペーンで色紙が当たったのは
本当に驚いた…家宝にするよ!



作品を読む事になったきっかけが割と偶然だったので、
今年の中でもかなりラッキーな出会いだったなーと思っています。
来年も安定してWEB版を読めることを、そして書籍版2巻以降も
読めると思うと中々どうして幸せですねー。





○続刊(2015年に2巻以降が発売)


今年は本編2巻と外伝2巻が刊行と非常に安定したペース、
そしてどれも本当に素晴らしい熱量…!!
未だにWEB版を読んでしまいたい誘惑が半端ない…読み始めたら絶対に
一気読みする確信しかないので、書籍版を待とうと構えてはいますが
いつか読んでしまいそうね…アニメ化も決まり、どこまでいくのか本当に楽しみです。




北野坂探偵舎シリーズと階段島シリーズ、2つのシリーズを
並行して読めるのはかなりの幸せですねー。
どちらの作品も本当に綺麗で…まだ手を出せていませんが、
bellやブラックミステリーズもその内読みたいところです。



何故か不思議と、いい意味で正統派というか、
自分の中にイメージとして持っているファンタジア文庫作品らしい
物語だったりします。そしてルミアかわいいよルミア。
ヒロインの中でもかなり好きな部類に入るような。



安定して年1冊くらいの刊行ですが、もう1つの本編として
かなり楽しみにしています。こうして謎だった70層以上が
明らかになるのはいいよなぁ…あといつか来るだろう、
クラインたちの登場にもかなり期待してるよ!



内容的にも物理的にも相変わらず相当密度高めなうえ、GT編まで刊行されて
ホント満足度高いよなぁと思わずにはいられません。アニメ人気投票企画もあって、
やはりⅢ~Ⅳ巻のアニメ化も期待してしまうよなー。



春にはアニメも放送されたダンまちですが、これもまた熱量かなり高めの
物語で大好きよ!9巻がかなりいいところで引きに入ったので、
来年春の10巻や外伝も今から楽しみで…



ロード・エルメロイⅡ世が主人公とかもうそれだけでも嬉しいし、
内容も魔術にまた違う角度からスポットが当たっていて面白い!
このコミケで発売した3巻はまだ買えていないので、早めに
買いに行って読みたいところです。来年も1or2冊が出るでしょうし
夏冬時期が楽しみ…




コミックスは新作側の分類ではありますが、ここでまとめて。
OSOはゲーム系の中でも実際遊べたら楽しそう…!という感じが特に強くて
かなり好きだったりします。ニッチ系なものを追求するのはホント素敵。



前々から読みたいなーと思いつつ、中々一気に揃える踏ん切りが
付かなかったのですが今年ようやく手に出来たよ!
この緩急の付いた雰囲気は好きだなぁ…





○完結(2015年に最終巻が発売)



ミスマルカは7年、レイセンは5年…これら二つが3カ月連続刊行という流れで
両方完結を迎えたという事を、本当に今でも感慨深く感じます。
間違いなく今年の読書系出来事の中では一番の出来事だなぁ…
ただ、ヒマワリの告知のおかげで穏やかに年を越せますが!
来年もトモアキ分を補給できるこの嬉しさよ…!!



こちらもおよそ6年半…その間にいくつもの好きな作品が終わることなく
止まってしまった事を思うと、多少の時間がかかったとしても、
こうしてその結末を見届けられたのは本当に嬉しいし幸せです。





と、割とざっくりではありますが各作品の紹介でした。
無論この他にも面白かった作品は数多く、様々な本と
出会えた2015年はいい年だったなーという感じで。

そしてもう来年も間近ではありますが…
私にとっても、ここに訪れてくださる皆様にとっても、2016年が
素晴らしい物語と出会える年であることを心から願っています。


それでは皆様、よいお年をノシ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cyclescorp.blog42.fc2.com/tb.php/639-bea247fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad