柳星の季節

トモアキ作品&ネギまメイン。まったり進行中。

京子サクリファイスの小説講座 Season.2・第7話感想!

どうもこんばんは、サイクルです。
あれ、何でもうクリスマスまで一月切ってるんだろう…

本題の前に。

という事でついにミスマルカⅩⅠの情報が来たぞやっほう!
公式ではまだ発表されていませんが、通販サイトなどの情報では来年1月、
つまり年末に出る予定だそうで…年末年始の楽しみが増えた!

それに関連して。1月に発表した記念プレゼント企画ですが…
応募期限を「ミスマルカ新刊が出た月の月末」と設定した結果、
1年もお待たせする事となってしまい、本当に申し訳ありません。
決して忘れてはおりませんので、もうしばしお待ち下さいませ。


さて、先日11月25日に
「ライトノベルを読むのは楽しいけど、
書いてみるともっと楽しいかもよ!? Season.2」

通称「京子サクリファイスの小説講座Season.2」
第7話が更新されました!ついに最終話かー…

それでは簡単ではありますが、感想に参りましょう!続きは追記からどうぞ~。












あらすじ

羅延町五番街五、深く静かな森の奥にはいつもの面々が。
一つの物語を書き終えた二人に対し、京子が送る言葉とは…?
第2シーズン、堂々の完結!






…と前述の通り最終回な訳ですが、初っ端にガガガの話題が
全開な辺りいつも通りだな!というか今シーズン許可取ってないのか…
ガガガなら大丈夫そう、というイメージは何となくありますけど。



さて、今回はシリーズの総まとめとして主に二つの話題。
一つは今までのアドバイスに関するものですが、最後まで
書いてみる事を楽しむというポジティブな姿勢はブレていない感じで…
実際、これを読んでラノベではなくとも何か書いてみたいと思った人は、
意外といるんじゃないかなーと思いますがどうなんでしょう。



二つ目は最後の質問に対し、新人賞への心構え講座が。
このくだりは経験談を含んだ林トモアキ色が存分に出ており、
特に講のまとめの冒頭付近はかなりぶっちゃけていますが…
非常に面白く、ああ成程と納得もいくという。

しかし確かにマスラヲもミスマルカも、そしてこの京子サクリファイスも
既存ジャンルから少しズレたような作品たちだものなー…
自分も結局、その固有結界に見事に捕まったクチですし。
『ジャンル:俺』はハマると非常に威力大きいですよね。


あとは随所でアニメ化のワードが出ていますが、
レイセン1巻のあとがきを読んでいるとまた面白いよなーと。
アニメ化してもしなくても大変な事はあるんですね…



そして今回のイラストは、一番最後に全員の集合絵が。
ラストを締めるのにに相応しい感じで、全員素敵…!
特に京子のドヤ顔横ピースは非常にグッジョブ!




と、こんな感じで最終回の感想でした。シーズン1とは
また異なる視点から、「ライトノベルを書く」ことについて
様々な事をトモアキ流に語られたシーズン2でしたが、本当に面白かった!


ただ、感想フォームが既に終了しているのは正直どうかと…
これだけ続いた連載の最終回なんだし、壁紙はなくてもいいから
感想くらい送らせてくれよ!そんなんだから過疎サイt(ry
※追記(12/04)
少し時間も経ったのでチェックしてみたところ、感想フォームが
復活していました。来年の1月25日、午前10時までは稼働するそうなので
感想を送りたい方は是非!



次は特に表示されてはいませんが、シーズン1と同じならば
どこかのタイミングであとがきが更新されてくれるはず…
真のラストでは何が語られるのか、年内には更新されることを
願って楽しみに待ちたいと思います。
では、最後もいつもの…



スニーキングアターック!!



それでは、今回はこの辺でノシ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cyclescorp.blog42.fc2.com/tb.php/592-41c79715
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)