柳星の季節

トモアキ作品&ネギまメイン。まったり進行中。

京子サクリファイスの小説講座・第6話感想!

どうもこんにちは、サイクルです。まさかホライゾンⅤ下の表紙を見て
噴き出す事になるとは思わなかった…w

さて、さる9月10日に
「ライトノベルを読むのは楽しいけど、書いてみるともっと楽しいかもよ!?」
通称「京子サクリファイスの小説講座」第6話が更新されました!
回数的にはすっかりザスニWEBの看板作品ですね!

それでは、簡単ではありますが感想に参りましょう。
続きは追記からどうぞ~。














あらすじ

羅延町五番街五にて、引っ越しもちょっと考える京子サクリファイス。
本日もアイミ・如月・モリナガの3人が揃い踏み、恒例となった講座が
始まる。彼女の秘策、「超スキマ法」とは――!?






そんなこんなで始まりましたが第6回、今回のテーマは
「長編プロット」!少し忘れがちですが、
ノリが軽いとは言え段階を追ってまともに進んでいますねー。

そして現れた新たな奥儀、その名も「超スキマ法」
トモアキ先生の作品的に言うならミスマルカがこれに該当するでしょうか。
お・り・が・みやマスラヲ、レイセンはもう少しこれを
短編プロット側に寄せたイメージですかねー。
しかしそうして考えると、やはり関連があるんだなーと何となく分かって
嬉しい話。こじつけに理由付け、無意味かフラグか分からない雰囲気は
トモアキ作品の魅力の一つですしね!




そんな本題部分に加え、相変わらず絶好調なネタ部分。
初っ端からすにすに村が来るとは思わなかった…言われるまで
正直忘れてたよ!というか廃村呼ばわりしていいのかwww
ちなみ月始めの更新時期になるたびに、来月予定に
トモアキ作品がないかとこまめに確認していたのはいい思い出。

そして作者本人ネタですが、あとがきであれだけはっちゃけておきながら
まだこんなにもネタがあるとは恐ろしい人…!
「え、トモアキ先生そんな真面目に書こうとしていた事が…」と
一瞬思ってしまったのは私だけではないはず(←

しかし、言われてみると確かにトモアキ作品でバトルがないのって
京子サクリファイスが初めてなんですよねー…それでもそこまで
普段バトルを感じないのは、主人公勢がハッタリや嘘、計略など
単純な力ではないものを武器としているからでしょうが。
後はキャラクターの会話や描写が面白いことが原因なのかなー。



更に、毎回恒例の1枚カラー挿絵ですが…今回も素敵!
この設定とこのイラストで出るんだったら、割と本気で読んでみたいわ…
モリナガさん策士か銃使いな空気じゃないですかやったー!

ところでイラスト中で京子が持っている旗ですが、よく見ると
トップのイラストのモノクロ版なんですねー…相変わらず細かな部分に
しっかりネタが仕込まれていやがる…見事!



そして最後は京子の渾身のギャグでオチ…てないなこれ!
しかしトモアキ先生何やってんですか本当にwww





と、ちょこちょことした感想でした。
もう6回目になりますが、相変わらず面白くていいですね!
軽く読めるのもありがたいです、やはり紙よりはWEBで読む方が
少し疲れがちになるので。

長編プロットについても触れ、そろそろ講座も佳境でしょうかねー…
次回更新は約2週間後の25日。一か月に単行本1冊と
WEB連載2回分読めるとは幸せだな!

では、最後に…


スニーキングアターック!


それでは、次は恐らく京子サクリファイス7話の感想でノシ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cyclescorp.blog42.fc2.com/tb.php/556-662370b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)