柳星の季節

トモアキ作品&ネギまメイン。まったり進行中。

京子サクリファイスの小説講座第3話・感想!

どうもこんばんは、サイクルです。そろそろ夜も暑くなってきたなー…
扇風機を出動させる日も近そうです。

さて、本題の前に。8月発売から延期になっていたレイセン5巻ですが、
9月刊で発売日が確定したようですね!これは今から楽しみ…!

それでは本題に入りましょう、先日25日に
「ライトノベルを読むのは楽しいけど、書いてみるともっと楽しいかもよ!?」
通称「京子サクリファイスの小説講座」第3話が更新されました!
このペースで更新されるのは嬉しい話ですねー。

それでは簡単ではありますが、感想に参りましょう!
続きは追記からどうぞ~。















あらすじ

羅延町五番街五、そこには深く静かな森もある。いつも通りに
紅茶を飲む京子の元に現れたのはアイリ。彼女は何やら新たな
目標ができたようだが…?講座第3回、新キャラも出るよ!






そんな訳で第3回のテーマはプロットを作り、実際に書いた先の話…
そう、つまりは「新人賞」という名の応募!



・・・で、あるはずなのですが・・・



それらに関するトモアキ先生のエピソードが強すぎるせいで、
今回のテーマは実は「林トモアキ」なんじゃないかと
一瞬考え込んでしまうレベル・・・!




この手のエピソードはあとがきなどで出る事も基本ないようなネタなので、
ファンとしては嬉しいですね…それに何より笑えるし!とりあえず

「新人賞の存在に気付いたのが、丁度、ヒキコモリっぽかったころでね。『え、マジ? え……ひょっとして賞取るだけで作家になれんの? うっそ、履歴書代わりに原稿送ればいいだけじゃん? 面接いらねえじゃん! 会社とか行かなくても家にいるだけでお金もらえるじゃん!』……って感じかしら」


は秀逸過ぎるというか…その気持ちは何となく分かるものがありますが!
しかし実際こうして作家になって成功している辺り、
それが林トモアキクオリティ…!



そして、第1回に続いて

「サイコでリッジで超バッド!! 畳み方も知らないのに風呂敷を広げまくりなスーパーラノベーター、林トモアキ先生を知らないなんて問題外よっ!! あなたラノベの何を読んでライトノベルが好きなんて言ってるの!?」


この形式の紹介文がシリーズ化しているのに笑ってしまったw
確かにトモアキ先生と言えば風呂敷ですが…そしてラノベ屋に
続いてまた新たな職業名が創造されたのかw




とまぁ、トモアキファン的にはそちらのネタに目が取られがちですが、
新人賞についてシンプルかつ分かりやすく書かれているのも真実。
「とりあえず、やってみたいなら気楽にやってみよう」
といった感じのこの作品のスタンス、やはり好きだな!

それとアニメ化等の部分はレイセンのあとがきなど読んでると、
若干思う所もあったりとはしますが。ラノベのアニメ化が増えた
今時分だからこそ、色々難しかったりするよね…





そして、今回からは大きな動きもないですが新キャラが登場!
退魔師の鳳凰堂如月さんか…剣士で黒髪ポニーテールで金に汚くて
アホの子とか、要素がおよそ揃ってるじゃないかやっほう!(←

しかし実際、春日さんのイラストがいいですよね!
そして手に持ってるのが挿絵繋がりのガガガなあの作品な辺り、
相変わらずその辺丁寧に仕込まれてるなと思ってしまうw





そんな訳で第3回の感想でした!短いながら密度濃い目、
しかしさっぱり読める感じとWEBで読むにはやはり
丁度いい感じですね。書籍化もしてほしいけどな…

さて、次回更新は2週間後の8月10日。応募まで来て
次は一体どうなるのか、楽しみに待ちたいと思います。
それまでにカレンダー付きアイミの壁紙がもらえるので、
皆さんアンケートを送ればいいと思うよ!

では最後に、やはり今回の感想ならば締めはあのセリフか…



スニーキングアターック!!



それでは、今回はこの辺でノシ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2012/07/30(月) 11:14:16 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cyclescorp.blog42.fc2.com/tb.php/550-385a93ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)