柳星の季節

トモアキ作品&ネギまメイン。まったり進行中。

あの鈍器(本)に透明カバーをかけよう!

どうもこんばんは、サイクルです!北海道はこれからが
桜も花粉も本番だよ!後者はいらないですが!

さて、突然ですがブックカバーってありますよね。それもアニメイトで買い物を
した時にもらえるような、透明なやつ。私は手に汗をかきやすい性質なので、
集中して本を読むためにもカバーは常に付けていましたり。

…しかし、カバーにも一つ問題が。ごくごく稀にカバーが合わない本というのが
出てきます。「鈍器」とも呼ばれる分厚さを誇るあのシリーズ…
そう、「境界線上のホライゾン」です!
書店で買った時、店員さんに苦笑と共に「カバー…付けますか?」と
聞かれた人も決して少なくはないはず…!

そんなカバー泣かせの境ホラですが…ここで諦めてしまっていいのか?
いやよくない!不可能を預けた以上、ここで撤退の二文字はないのです!
(配点:無謀)

そんな訳で需要があるかどうかは全く分かりませんが…
一つ検証作業を始めるとしましょう!続きは追記からどうぞ!
ああ、以降で作品のネタバレはありませんのでこれから買うよ!読むよ!と
いう方も安心してどうぞ~。

※追記
2012年
・境界線上のホライゾンⅤ(上)の情報を追加しました。(8/14)
・終わりのクロニクルの情報を追加しました。(9/24)
・境界線上のホライゾンⅤ(下)の情報を追加しました。(10/14)
2013年
・境界線上のホライゾンⅥ(上)の情報を追加しました。(5/12)
・境界線上のホライゾンⅥ(中)の情報を追加しました。(7/13)
・境界線上のホライゾンⅥ(下)の情報を追加しました。(9/17)
2014年
・境界線上のホライゾンⅦ(上)の情報を追加しました。(2/14)
・全作品にミエミエ(新)の情報を追加しました。(4/22)
・境界線上のホライゾンⅦ(中)の情報を追加しました。(4/22)
・境界線上のホライゾンⅦ(下)の情報を追加しました。(6/12)
2015年
・境界線上のホライゾンⅧ(上)の情報を追加しました。(2/23)
・境界線上のホライゾンⅧ(中)の情報を追加しました。(4/14)
・境界線上のホライゾンⅧ(下)の情報を追加しました。(6/22)



始める前に透明ブックカバーの付け方ですが、参考サイトのURLを。
ブックカバーの装着手順
人によって付け方は微妙に異なるかと思いますが、私も普段はこの手順で
やってますので今回の作業はこの手順で進んでいるとお考えください。



さて、今回はせっかくなので5種のブックカバーを使って比較します。

①透明保存用ブックカバー「ミエミエ」(旧)
アニメイトやゲーマーズで販売している、一番見慣れた透明ブックカバーでは
ないでしょうか。輪っかの部分が太めなのが特徴的。25枚で324円。
ただし、このタイプは多分もう販売していません。後継は②のミエミエ(新)と
なっていますのでそちらをどうぞ。


透明保存用ブックカバー「ミエミエ」(新)(NEW)
確か去年の話ですが、微妙に変わったんですよねミエミエ。
今までは糊付け部分の保護テープが変わった程度かと思っていましたが…
Ⅶ中巻の作業で気付き、確認してみると以下の特徴が。
・保護テープの印字色が薄紫→群青に
・全体の長さ、輪っか部分の幅は変わらず
・輪っか部分が若干外側(糊付け部分側)に移動

つまり、以前よりも多いページ数に対応可能となりました。
新旧の判断は保護テープの色で見るのが一番分かりやすいかと。

ブッカー君(文庫判)
輪っかの太さは中くらいでその位置は糊側寄り。
ただしミエミエと比べるとマイナー気味ですので、どこの店舗にあるのかや
価格は多少不明な点があるのでご容赦を。リンク先は地域ごとの取扱店舗を
検索できるようになっていますので、気になる方はそちらをご利用ください。
あと、文庫用であって小文庫用ではないのでご注意を。私はミスりました(←


美品くん 文庫版
とらのあな専売のブックカバー。恐らく一番薄いんじゃないでしょうか。
輪っかの太さは中くらい、糊部分が太いのが特徴。


⑤アニメイトでもらえるやつ
いや、あれオリジナルなのかどこかで売ってるのか…正直不明です。
昔はアニメイトでもらえるやつってミエミエだったと思うんだが…
いつ変わったんでしたっけかあれ。輪っかの太さはこの中で最も細いですね。




とまぁ以上5種で。そして今回の判定基準ですが

〇・・・問題無くカバーをつける事が出来る
これが理想的な形。全部これだといいのですが、そんなうまくはいかんな!

△・・・糊部分が輪っか部分に届かない
まぁまぁ許容範囲といった所で。この場合は折りたたむだけで糊付けはしないか、
もう1枚のカバーの糊部分を切り取って、延長して糊付けするかのどちらかですね。
ちなみに私は後者ですが、その場合は同じブックカバーを使わないとサイズとか
材質とか微妙に変わるから注意しよう!

×・・・輪っか部分が引っかかる
余りに本が分厚く、輪っか部分が表表紙のエリアに留まらず
背表紙側に移動する時に起こる現象。早い話が輪っか部分が歪みます。
その場合は輪っか部分を削るか切り取るかしか方法がなく、
切り取る場合はカバーが安定しないため非常にお勧めできませんねー。


ちなみに。以降の検証は全て、本が影響を受けない程度にギリギリまで
隙間なくカバーを付けている、という仮定の下検証を行っています。
それ故、本の状態やカバーの付け方で微妙に異なる結果が出る場合も
あるかと思いますが、その時はご了承ください。



ではでは、事前解説も完了したところで始めましょう!
ちなみにページ数はamazonさんから得ています。

○境界線上のホライゾンⅠ(上) 【543ページ】
記念すべき1冊目にして最薄巻。これなら多分余裕でしょう!
ミエミエ(旧)・・・〇
ミエミエ(新)・・・〇
ブッカー君・・・〇
美品くん・・・〇
アニメイト・・・〇

結果は予想通りに全てOK。ただしアニメイトのやつは既にギリギリな
感じなので、早くも雲行きが…


○境界線上のホライゾンⅠ(下) 【771ページ】
一気に200ページ以上増えましたが、まだまだ。しかし危ないか…?
ミエミエ(旧)・・・〇
ミエミエ(新)・・・〇

ブッカー君・・・△
美品くん・・・△
アニメイト・・・△

ミエミエ(旧)はギリギリ、ミエミエ(新)は余裕でセーフ、
ブッカー君と美品くんはギリギリ足りませんでした。
アニメイトのやつは…うん、余裕で届かない。


○境界線上のホライゾンⅡ(上) 【905ページ】
これまた一気に跳ね上がりましたが、さぁどうなるか…
ミエミエ(旧)・・・×
ミエミエ(新)・・・△
ブッカー君・・・△

美品くん・・・×
アニメイト・・・×

ブッカー君以外逝ったぁー!基本どれも輪っかが引っかかるという…
ブッカー君はまだ引っかかるまで結構余裕あるんですけどね。
ただ、ミエミエ(新)だと何とかまだついていけるようで。


○境界線上のホライゾンⅡ(下) 【1153ページ】
今現在において、ホライゾン最厚巻。前の結果を踏まえると
3種は死亡確定ですが、果たして…
ミエミエ(旧)・・・×
ミエミエ(新)・・・×

ブッカー君・・・△
美品くん・・・×
アニメイト・・・×

ブッカー君生きたぁー!相当ギリギリですが何とか問題無く△に…
逆に言えば、これより厚くなったらもう完全アウトということかも。


○境界線上のホライゾンⅢ(上) 【737ページ】
山場は越えてしまった感じですが。Ⅰ下よりは薄いので…?
ミエミエ(旧)・・・〇
ミエミエ(新)・・・〇
ブッカー君・・・〇

美品くん・・・△
アニメイト・・・△

ミエミエ(旧)は余裕あり、ブッカー君はギリギリ、美品くんは糊部分が太く
糊の一部が輪っか以外に重なってしまうといった感じで。


○境界線上のホライゾンⅢ(中) 【833ページ】
上巻と比べて100ページほど上乗せで。これで一体どうなるか…
ミエミエ(旧)・・・△?
ミエミエ(新)・・・〇?
ブッカー君・・・△
美品くん・・・△?
アニメイト・・・△?

…んー、凄く微妙な結果に。いや、ミエミエ(新)が○か△か、
下二つが△か×か何とも判断し辛いラインにあるという…多分
このページ数辺りが下二つのデッドラインなんでしょうね。


○境界線上のホライゾンⅢ(下) 【897ページ】
さて、中巻にてそんな仮説が出たという事は…?
ミエミエ(旧)・・・×
ミエミエ(新)・・・△
ブッカー君・・・△

美品くん・・・×
アニメイト・・・×

とまぁ、予想通りにブッカー君以外は全滅。ギリギリ輪っかが
背表紙に被ってしまう感じですねー。ただし、ミエミエ(新)なら
この巻でもまだいける。


○境界線上のホライゾンⅣ(上) 【673ページ】
いやー、平和的なページ数だ…と思う程度には感覚鈍ってるな!
ミエミエ(旧)・・・〇
ミエミエ(新)・・・〇
ブッカー君・・・〇
美品くん・・・〇

アニメイト・・・△
概ね順調に。600ページ台だとだいぶ楽ですねー。


○境界線上のホライゾンⅣ(中) 【737ページ】
Ⅲ上巻と同じページ数、という事は
ミエミエ(旧)・・・〇
ミエミエ(新)・・・〇
ブッカー君・・・〇

美品くん・・・△
アニメイト・・・△

当然結果も同じになる訳で。一応確認はしましたが。


○境界線上のホライゾンⅣ(下) 【993ページ】
1000ページ目前の厚さを誇る1冊。そうなると
ミエミエ(旧)・・・×
ミエミエ(新)・・・×

ブッカー君・・・△
美品くん・・・×
アニメイト・・・×

当然こうなるな!まぁ、通常のラノベ3~4冊分だものなぁ…


○境界線上のホライゾンⅤ(上) 【712ページ】
歴代第3位の薄さなので、カバー作業も楽ですねー。そんな訳で
ミエミエ(旧)・・・〇
ミエミエ(新)・・・〇
ブッカー君・・・〇

美品くん・・・△
アニメイト・・・△

という結果に。美品くんの○ラインはⅣ上巻の700弱ってとこかー…


○境界線上のホライゾンⅤ(下) 【1000ページ】
何気にホライゾン中2位の厚さになってるんですよねー。なので当然
ミエミエ(旧)・・・×
ミエミエ(新)・・・×

ブッカー君・・・△
美品くん・・・×
アニメイト・・・×

という結果に。しかしジャスト1000ページというのは何かこう、いいよね!


○境界線上のホライゾンⅥ(上) 【712ページ】
Ⅴ上巻と同じページ数ですので、当然結果も
ミエミエ(旧)・・・〇
ミエミエ(新)・・・〇
ブッカー君・・・〇

美品くん・・・△
アニメイト・・・△

と同様に。この位だとまだカバーに余裕もありますし楽ですねー。


○境界線上のホライゾンⅥ(中) 【840ページ】
相当微妙なラインだったⅢ中巻より少しだけ厚い、という事で…
ミエミエ(旧)・・・×?
ミエミエ(新)・・・△?
ブッカー君・・・△

美品くん・・・×?
アニメイト・・・×?

という結果に。ブッカー君の安定ぶりはホント頼りになります。


○境界線上のホライゾンⅥ(下) 【1064ページ】
ホライゾンにおいてはⅡ下巻、Ⅴ下巻に続く4桁ページ数。
現時点ではホライゾン史上2位となるため、当然ブックカバーは
ミエミエ(旧)・・・×
ミエミエ(新)・・・×

ブッカー君・・・△
美品くん・・・×
アニメイト・・・×

このような結果になりますね!ページ数が多いほど、手に持つ時間と
本にかかる負荷が増えるのでブックカバーがあるのは助かります。


○境界線上のホライゾンⅦ(上) 【808ページ】
何気に初のページ数、Ⅰ下巻とⅢ中巻の中間辺りなので
ミエミエ(旧)・・・△
ミエミエ(新)・・・〇
ブッカー君・・・△
美品くん・・・△
アニメイト・・・△

という結果に。一応どれでもOKですが、カバーの延長を行うなら
ミエミエ(旧)かブッカー君が良さげでしょうか。ただ、ミエミエ(新)だと
一発でOKが出るので一番オススメ。


○境界線上のホライゾンⅦ(中) 【824ページ】
今回も初のページ数、Ⅶ上巻とⅢ中巻の中間辺りなので
ミエミエ(新)・・・〇
ブッカー君・・・△
美品くん・・・△
アニメイト・・・△

という結果に。ここもミエミエ(新)が安定して仕事をしてくれますねー。
変化は小さなものですが、結構影響は大きいよなぁ…
ちなみに、この巻からはもう手持ちもないのでミエミエ(旧)を排除した
4種で表示しています。



○境界線上のホライゾンⅦ(下) 【1016ページ】
安心と信頼の4桁ページ。これを見てホッとする辺り、
着実に侵食されている気もしますが…この厚さだと
ミエミエ(新)・・・×
ブッカー君・・・△
美品くん・・・×
アニメイト・・・×

という結果に。流石にここまで来ると、ミエミエ(新)にも
荷が重くなるという感じですねー。



○境界線上のホライゾンⅧ(上) 【744ページ】
初のページ数ですが、Ⅲ上巻やⅣ中巻とほぼ同じなので
ミエミエ(新)・・・〇
ブッカー君・・・〇

美品くん・・・△
アニメイト・・・△

という結果に。比較的カバーかけは楽ですが、アニメイトで買うと
その分の透明カバーが宙に浮くというね…



○境界線上のホライゾンⅧ(中) 【824ページ】
今回はⅦ中巻と同じページ数、なので特に問題はないと思ったら…
ミエミエ(新)・・・〇?
ブッカー君・・・△
美品くん・・・△
アニメイト・・・△

という結果に。うーん、このページ数だとカバーのつけ方やミエミエ自体の
微妙な誤差で場合によっては足りなくなる事もあるんだろうか…




○境界線上のホライゾンⅧ(中) 【1000ページ】
下巻恒例4桁ページ、そうなると結果も
ミエミエ(新)・・・×
ブッカー君・・・△
美品くん・・・×
アニメイト・・・×

といった感じに。やはりブッカー君は常時1セットは用意しておきたいですね…



余談
○終わりのクロニクル
こちらは余談なので結果だけまとめて書いてしまいますが、

終わりのクロニクル①(上)~⑤(上)
ミエミエ(旧)・・・〇
ミエミエ(新)・・・〇
ブッカー君・・・〇
美品くん・・・〇
アニメイト・・・〇


終わりのクロニクル⑤(下)~⑥(下)
ミエミエ(旧)・・・〇
ミエミエ(新)・・・〇
ブッカー君・・・〇
美品くん・・・〇

アニメイト・・・△

終わりのクロニクル⑦
ミエミエ(旧)・・・×
ミエミエ(新)・・・×

ブッカー君・・・△
美品くん・・・×
アニメイト・・・×


となります。個人的にはミエミエ使用、⑦のみブッカー君か
全てブッカー君の布陣で挑むのが楽な気はしますねー。



とまぁ、以上調査結果でした。とりあえず
ブッカー君無双!
の一言に尽きます。そもそもこの企画の切っ掛けも、ミエミエ(旧)では
引っかかるⅡ巻がブッカー君なら何とかなる、という出来事でしたし。
全巻対応できるとかブッカー君マジブッカー君!

今回の結果を総合すると、
~824P・・・ミエミエ(新)使用
824P~900P・・・ミエミエ(新)orブッカー君使用
900P~・・・ブッカー君使用

という使用方法が一つの目安でしょうか。今後もページ数は
充実するでしょうし、出来ればブッカー君を確保しておきたい所です。



今回の記事はここまでですが…お役に立ちましたでしょうか?
興味がある方、カバーをかけようと思って断念された方は
実際に試してみるのもいいと思いますよ!

それでは、今回はこの辺でm(_ _)m

コメント

教えてください(>_<)

すいません、ブッカー君のサイズは何を使ってますか?

  • 2012/08/17(金) 22:51:02 |
  • URL |
  • 伊藤けんじ #-
  • [ 編集 ]

コメントレス

>伊藤けんじさん

コメントありがとうございます。
ブッカー君のサイズですが、他のサイズですと
縦の長さが余ってしまいますので、
通常のノベルと同様に文庫サイズを使用しています。

  • 2012/08/18(土) 12:13:55 |
  • URL |
  • サイクル #-
  • [ 編集 ]

わざわざありがとうございます(>_<)

  • 2012/08/19(日) 11:33:27 |
  • URL |
  • 伊藤けんじ #-
  • [ 編集 ]

コメントレス

>伊藤けんじさん

いえいえ、お役に立てたなら幸いです。

  • 2012/08/20(月) 01:29:44 |
  • URL |
  • サイクル #-
  • [ 編集 ]

できれば、ミエルンジャーも比較してほしいです。

  • 2014/12/21(日) 09:56:40 |
  • URL |
  • セシウム米 #XvVd.uMU
  • [ 編集 ]

コメントレス

基本的に手に入れやすい透明カバーを対象としており、
ミエルンジャーの販売は現状見たことがないので
申し訳ありませんが比較はできません。

  • 2014/12/27(土) 20:42:36 |
  • URL |
  • サイクル #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cyclescorp.blog42.fc2.com/tb.php/540-debac8ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad