柳星の季節

トモアキ作品&ネギまメイン。まったり進行中。

ネギま!354時間目感想

こんばんは、サイクルです。明るくなってきたのはいいですねー…

さて、いよいよ明後日にはネギまが最終回を迎える訳ですが…
その前に今更感もあるものの今週の感想を。それでは、続きは
追記からどうぞ~。

※ここから先はネタバレを含みます。コミックス派の方はご注意ください。















それでは354時間目「怪傑!魔法探偵・夕映(はーと)」の感想です!




○簡易あらすじ

あの3-Aの卒業式から7年、魔法・魔法世界の公表を一年後に控えた今
魔法に関わる災害や犯罪が増加していた。そんな中、下着目的の
化け物が麻帆良学園に出現。事態を解決するため、とある探偵事務所に
依頼が舞い込む…終幕、間近。







さぁ、そんな訳で7年後です!これがまき絵の弟君か、高校生に
なったんですねー…しかし真琴さん可愛いな!まさか最終回目前になって
こんないいキャラが出てくるとは…

それと現状の説明が入りましたが、魔法犯罪より魔獣被害の方が多いのか…
そして、このシルエットは誰なんだろうという。夕映・このか・刹那は分かりますが
あと3人はだれなのだろう…右下はアーニャの蹴りポーズのようにも見えますが、
彼女教え子じゃありませんしねー。



そんな魔獣の被害を食い止めるため、姉の縁でとある事務所を訪れた二人ですが…
成長して身長伸びた夕映が格好良い!パンツスーツとかスーツ系大好きな
私にとってはご褒美以外の何物でもありませんよ…!そして相変わらず
変なもの飲んでますし…「○○ペッパー」ってなんだw
印刷潰れ気味で最初の文字は読めなかったのですが、コミックで読めるかな…

しかし、夕映のオフィスは全体的にズボラですがトロフィーや写真は
大切にされている様子。真琴さんに語る夕映の表情はいいなー…



さて、いよいよ犯人確保の作戦が開始されますが…夕映さん7年の合間に
そんな戦闘スタイルにwでもこのポーションも、独自の理論で開発した
ものなんだろうな…普通こんなものはないでしょうし。

そんな中ついに現れた犯人ですが…最初から少しだけ思ってはいましたが、
やはりお前かwwwこの人は何で人の下着盗んでオッパイ揉むためだけに
こんな危険な橋渡ってるんでしょうねー…(^^;)


そして戦闘シーンですが…相当の実力者になっているようで。
やはり術式的にはネギの戦闘法に近く、体術も崩しなどを中心に
サポートとして習得している印象でしょうか。これは格好良い…

しかし敵もさる者、あの某ラカンさん直伝の音速脱衣術と無音脱がし術…
ってマジで何を伝授しているんですかあの人はwwww


そうして夕映が6本腕もみによって色々とエロイ感じのピンチに…
何というかこの感じのエロさは結構久しぶりな気がするんですが。
そういう意味でも最終回直前でこれは嬉しいかな!

そんなもるです的な意味で限界直前のその時、空から突然の雷撃が。
正確に敵だけを撃ち抜いたその雷、解放された夕映の前に現れたのは…
想像はつきますがこれはいい引き!




とまぁ、こんな感じで今週の感想でした。まき絵の弟と真琴さんのコンビ・
成長した夕映共に非常にいいですねー。これでスピンオフをやっても
非常に面白い気がします…ある意味これこそ映像向けな気がw

そして、読み終えてから考えると事務所に溜まっていた葉書が次回への
伏線になっているのだろうなという。ラストで現れた人は
果たしてこちらの想像通りなのか、それを裏切ってくるのか…


さて、来週…というより明後日ですが、それを以てついにこのネギまという
作品も終幕を迎えるのですね。様々な物語を、そしてそれら全体で
一つの大きな物語を見せてくれたこの作品ですが、果たしてそのラストは
何処に着地するのか…非常に楽しみにしつつ、その日を待ちたいと思います。
色々書いてみたい気分でもありますが、それはまぁ全てを見届けてから
ゆっくりと気持ちと腰を落ち着けて書きたいですね。
それでは、また次回に。

テーマ:魔法先生ネギま! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cyclescorp.blog42.fc2.com/tb.php/536-2c5cf2f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ネギま!関連サイト巡回(2012/03/12)

■「柳星の季節」さん「ネギま!354時間目感想」 柳星の季節 ネギま!354時間目感想 『さて、来週…というより明後日ですが、それを以てついにこのネギまという作品も終幕を迎えるのですね。様々な...

  • 2012/03/12(月) 21:02:10 |
  • ネギま!部屋(楊さんのページ別館)