柳星の季節

トモアキ作品&ネギまメイン。まったり進行中。

レイセン3巻・感想!

どうもこんばんは、サイクルです。皆さんエイプリルフールは
いかがお過ごしだったでしょうか?例年よりは少し落ち着いていましたが、
それでも面白いものが多く楽しめました(^^)

さて、北海道では流通の関係上1日遅れてしまいましたが、4月1日に
レイセン File3:ワンサイド・ゲームズ
が発売になりました!ザスニ連載分全てを含んだこの3巻、
早速感想に参りましょう!続きは追記からどうぞ~。

※ここから先は大いにネタバレを含みます。シリーズ未読の方はご注意を。


○アバウト3巻あらすじ

メイツ特訓やフォース襲撃の事件も終わり日常に戻ったヒデオだが、
エ○ゲ疑惑や謎のイロモノな女性と出会ったりと相変わらず周囲は賑やか。
そんな中、宮内庁・警察庁・自衛隊・そしてオートラインの合同で、
コンペの形を取った交流会が開催されることに。
これは一体何をもたらすのか…風呂敷は本格的に広がり始める!







○表紙・カラーページ

表紙は以前予想していた通り、オリジナルでヒデオ+美奈子+マックルさん。
やはりマックルさんがいいよね!

そしてカラーページはレイセン7話時に収録された単ページカラー、
そして11話の見開きカラーですね。正直に言ってしまうと、10話の
水着カラーが未収録になるとは少し予想外でした(苦笑)

更に、書き下ろしのカラーが1枚…ってまさかあの人が登場だと!?
この時点で期待感がMAX過ぎる!!




○特典

今回はゲーマーズでブロマイド、とらのあなでしおりのようですね。
ブロマイドの方は8話の見開きカラー、栞の方は10話の扉絵カラーと
両方単行本には未収録ですので、どちらも魅力的です(^^)




さて、以下は各話の感想です。前回同様詳しい感想はザスニ掲載時の
感想リンクを張っておくので、 そちらからどうぞ。なお、文章の変化は
私が気付いた場所のみ挙がっています。







○まえがき

またぶっちゃけたお話をww
しかしスニーカー文庫の看板作家の一人、そして唯一と言ってもいい
「ラノベ屋」のジョブを持つトモアキ先生なら特別講師は可能なはず…!
と何となく考えてしまいましたw




○Case8:罪状と病状の狭間に心霊班
(ザスニ掲載時感想…ザスニ8月号・「レイセン」8話感想!)

文章…変更なし
イラスト…扉絵未収録(慶子さん)・隊長のマスク変更

いつ出るかと期待されていた美奈子さんの登場回ですが…
トレジャーハンターの千影さんといい策士の葉多恵さんといい、
相変わらず怖い女性が周囲に多すぎるw

ちなみに、この会は扉絵が未収録なので慶子さんの単独イラストはなし…
あの出来る女性感があるイラストが無いのはちょっち寂しいですね(苦笑)
そして隊長のマスクの変化はザスニを読み直していて気が付きました。
変化の理由を考えてみると、描写的には確かにそうだった!
ザスニ掲載時の方も、軽く焦った表情が見えたりと個人的には好きですが。




○Case9:彼と彼氏と彼女の事情
(ザスニ掲載時感想…ザスニ10月号・「レイセン」9話感想!)

文章…変更なし
イラスト…扉絵(マックル&隊長)収録

ヒデオサイドでマックル初登場、そしてエリーゼとマックルの会食や
ナイトとマリアクレセルなど、少しずつ気になる事も増えてきた回。
とりあえずアレだ、改めて読んでヒデオの証明に泣いた(つд`)
あと、傍点がなくなっているので「聖霊」はついスルーしてしまいそうに…
今後何らかの形で出てくるかもしれないか?

ところでナイトの連れのラッパーさん、見開きの谷とイラストが微妙に
削れている事もあり、ほとんど顔が見えない…本当はもう少し
表情が見えたんだよ!…結構どうでもいい情報ですが(^^;)




○Case10:夏だ!水着だ!無人島だ!
(ザスニ掲載時感想…ザスニ12月号・「レイセン」10話感想!)

文章…変更なし
イラスト…扉絵未収録(ウィル子&ノアレ)

水着、そして「The・Expose」の回。何であろうと終盤のアレが
色々根こそぎ持って行ってしまうと思うんだwww
しかし前述しましたが、まさかこの回の見開きと扉絵、
二つのカラーが両方収録されないとは予想外でした…
睡蓮・美奈子・そして天白三尉の水着はこちらでも見たかった…!




○Case11:ワンサイド・ゲームズ
(ザスニ掲載時感想…ザスニ2月号・「レイセン」11話感想!)

文章…変更なし
イラスト…扉絵未収録(ヒデオ&ノアレ)

個人的現時点において、レイセンで最もシリアスに熱い回!
何度読んでもヒデオとノアレの交わす言葉、そして睡蓮と
ほむらさんの無双ぶりが素敵!やはりこの二人は
大きな敵・強大な敵を相手取ってこそ映えますね…





と、ここまでがザスニ掲載分でした。ザスニ休刊の事も考えると、
一段落したところでまとまっているのは有難い限りです。

そして、今回の書き下ろしは…!




○Special Case:ロケットダイヴ!!

………異論を全面的に認めた上で言わせてくれ、

これは今までで最高クラスに面白い回っ!!!

総合的に見た時に同じくらいに面白い回や巻は多くありますが、シリアス分を
抜いての感想、そしてトモアキ作品全てのファンとしてはこれは最高過ぎる…!!

一部というかかなり待っていたであろうエルシア再登場!
マスラヲ時代実現しなかったヒデオvsエルシア!
変わらぬ総帥閣下に対するスリーサイズネタの禁句っぷり!
貴瀬家のアウタークラス総登場!
まさかのソニックスライム復刻!気になる人はS REDを読もう!
マリアクレセルの登場・説教!
マスラヲ時間軸で沙穂の初登場!イラストはないが!!(号泣)
蘇る鈴蘭ミサイルの光景!
これぞドクターの真骨頂!
ミッペルテルトさん久々の出番!


などとレイセン以前のネタだけでもこれ程までの量!
更にここまでのレベルは久々な気がする魔眼の本領発揮、
途中のあのイラストや現世に降臨するビッグガン・マグナム、
終いには11話において非常にいいものだったはずの
「命とは、奇跡なのだ……!」
というあのセリフが何だか最終的にストップ安気味な状態に…
てか口径が増えてるのは誤植なのかドクターが盛ったのかどっちだww
もう何か多くのシーンで爆笑してしまったじゃないかwww
改めて言わせて下さい、これは面白すぎるぞ!!

しかも、勝負とは言え最終的にエルシアがヒデオに従属する事になるとは…
これは非常に(ヒデオが被る不幸含め)ニヤニヤ出来る展開!
エルシアさん相変わらず可愛いなぁ…Sなのに従属とか素敵!(ちょ

…ちなみに余談。この書き下ろしのタイトルを見た時点で、
お・り・が・み読者の方なら鈴蘭ミサイルをどこかで連想したと思うんですが…
どうでしょうか?とりあえず自分は頭によぎりましたが…
まさかこんな繋がりを見せてくれるとは(^^;)




○あとがき

ザスニ休刊、コミック版マスラヲ・ミスマルカの終了は寂しいですね…
特にザスニは相当カラーと本編を楽しみにしていたつもりですが…
作者本人にはどうやっても負ける!でもその嘆きの気持ち、
やはりその一部は分かります…今月末にあったはずの感想記事、
もう書く事はないんだぜ…?ははは…

しかしレイセン自体は何の問題もなく続く!という事は聞けて一安心。
確かにそんな健やかな作者コメントを出されても俄かには信じられませんが…
何だかんだ言いつつ、隔月のレイセンに加えて結構安定したペースで
ミスカルカを出していたトモアキ先生なら大丈夫!と個人的には思います。
むしろ隔月の縛りがなくなった以上、8か月・半年と来ている刊行ペースが
少しだけ早まる可能性もあるのかも…とも思いますし。
てか、多少遅くなっても待つよ!重度のファンになってしまった以上は
早く読めるに越した事はないけれど、ただ楽しみに待つだけですよ!







さて、そんなこんなで色々ありつつレイセン3巻の感想でした。
次の巻はいつ頃に出るのか、今まで通りに短編回の集合か
マスラヲ5巻のように長編になるのかなど何も分かりませんが…
何であれ今の時点から半端なく楽しみです(^^)

コメント

まさに今、読了

初めまして、ミサキ・カグヤなんて今まで出てなかった筈……と検索かけてみたら辿り着きました。

マスラオから林先生のファンをやってますが、今巻もかなり面白くて良かったですね(*´ω`*)
描きおろしのタイトルを見て最初に浮かんだのは、おりがみでのヘリから飛び降りる(落ちる?)鈴蘭と愉快なアウター達の姿でした。
超電磁鈴蘭も勿論大好きですが、ダイヴって言われるとこれが真っ先に浮かびましたねw

本編は林先生らしい新キャラと新展開の嵐で風呂敷は大丈夫か!?な展開でしたが、逆に書き下ろしではシリーズキャラ大集合って感じでファンとしては狂喜乱舞ものでしたね。
何よりも、真逆のエルシアによる旦那様発言……!!
ヒデオには悪いけれども、これが見れただけでヒデオが一週間説教漬けになる価値があると思ってしまいましたw

それにしてもまさかS REDにも書かれていたとは……。
アンソロジーには手を出してなかったのですが、林先生も参加していたとあっては必読ですね!
近い内に買って来ようと思います。

  • 2011/04/06(水) 13:03:15 |
  • URL |
  • tomato #pwutJTUc
  • [ 編集 ]

コメントレス

≫tomatoさん
初めまして、コメントありがとうございます。

私もマスラヲから入っておりがみ→ミスマルカと来たタイプですが、ダイヴと言えば確かにそっちもありますね…ロケットもダイヴもある主人公というのはそういない気がしますw

本編の風呂敷の広がり方はまだこれからな気がします…それでも多分、最終的にはうまく包まれるだろうと思いますが。
そして番外編は色々と嬉しい仕様ですよね…あのエルシアは正直可愛すぎるw

>S RED
トモアキ先生参加、というだけで当時すぐに買ってきましたが…読み切りで出てきた物もさりげない形で他作品に反映してくれるのは、ファンとしては嬉しい話だなーと思います(^^)

  • 2011/04/09(土) 18:25:10 |
  • URL |
  • サイクル #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cyclescorp.blog42.fc2.com/tb.php/518-96b1e9cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)