柳星の季節

トモアキ作品&ネギまメイン。まったり進行中。

ザスニ12月号・「レイセン」10話感想!

どうもこんばんは、サイクルです。ようやくザスニが手に入った…
北海道はこの時差がもどかしいですねー(^^;)

そういえば今号のザスニにて、来年1月の発売予定が出ましたが…
ミスマルカⅧ巻がついに来た!これはもう今から楽しみですよ…
神様ゲームも新刊が出るようですし、年末は盛り上がりそうです(^^)

さて、それでは感想に参りましょう!続きは追記からどうぞ!

※ここから先はネタバレを含みます。ご注意ください。


















○カラーページ

…何という、眼福っ…!
という事で予想外だった、扉絵までの3Pまとめて女性陣の水着姿!
水着姿なんてお・り・が・みの獄の弓以来、マスラヲの時もレースクイーンはあれど
水着姿はなかったですしねー…これは素直に嬉しいw
翔香さんのイラストもあれば個人的には完璧でしたが…
競泳水着も見れたので良し!(ちょ

…このカラーは単行本でまず間違いなく再収録されるとは思いますが、
大判という事で買って保存する価値はあると思うよ!

しかし、こうしてみると睡蓮と美奈子さんの差がよく分かる…
そしてこれより小さいらしい総帥閣下は一体どうなって(ry

後はまぁ、つい目が行くのがウィル子とノアレってのは仕方ないよね!
ある意味反則だろう、これは…w





○アバウトあらすじ

神霊班・警視庁・自衛隊・そして鳳重工による合同コンペ。
無人島での訓練は、多少のイザコザを抱えながらも平和に進んでいくが…
ある存在の暴走で状勢は一変。その暴虐をどう止める、魔眼王――!?






…えーと。

…えーっと。

色々あったはずなのに、後半で全て持ってかれたwwww

まさかこんな展開になると誰が予想できただろう…久し振りに全力で吹いたわwww

まぁそれだけでも何なので、いくつか~。




○猟科教練

お・り・が・み時代からちょこちょこと出て来た猟科教練ですが…
ここまで表立って出て来たのは初めてですねー。
能登一佐イラスト化されないかな…ちょっと見てみたい気が。

そしてここにも天白が…本家が途絶えてしまった分、様々な形で
その分家が出てきている感じでしょうか。今の所、「剛弓」の
能力に近しいものを持っている人は出てきていませんが…
これから出てくるんだろうか?




○不仲

翔香さんと関さんといい、睡蓮と美奈子さんといい仲が悪いようで…
しかし、関さんと大分長そうな知り合いという事は
関さんのスキルも思っていたより高いのかもしれませんねー。
まぁよく考えたら一応心霊班の一員ですし。




○黒歴史

ああ、そういえば里八さんたちは目からビームを知らなかったのか…
魔眼とかビームとか、この空気は流石にキツいw

しかしあのビーム、今後出番はあるんだろうか…できる事なら
オプティックプラズママグナムビッグガン目ビームは見たいのですがw





○邪炎龍

この会話を聞く限り、少なくとも睡蓮はナイトの邪炎龍が何なのか、
正確に理解しているようですね。シルフ達の隔離世にいなかった事と、
今回の話と合わせるとやはりカミに近い存在のようですが…
ここはやはり今後のナイトの鍵になるんでしょうか。




○最恐の白黒コンビ

あるいは最古と最新のコンビというべきか…何にせよ、この二人が
はしゃいで手を組むと半端ない被害になるようでw
まさかレイセンでこれ程のサービスシーンが発生するとは思わなんだ…

ちなみに余談ですが流石ノアレ、獄の弓の時の睡蓮もしっかり
チェックしていたんですね…こんな所で改めてその存在の広大さを
実感することになろうとはw




○The・Expose

改めてもう一度言う、久しぶりに全力で吹いたわwww
まさかあのヒデオがここまでの覚悟を見せるとは…!!
台詞といいイラストといい、ヒデオに凄みがあり過ぎて困るwww
しかも何ちょっとワクワクしてんだwwwww

しかし、まさかこんな方法で神を打破できるとは…これもある意味
ノアレの弱点ということでいいんでしょうか。逆に言えば、ヒデオが
皆に誇られるような存在になれば、その分彼女たちの力も
強大になるのでしょうけれど。

そして、まさかまさかレイセンでミスマルカとはまた違う
ゼンラーの精神を見せつけられるとは予想外だった…
まぁ、正確に言うなら下だけなのでゼンラーではありませんが、
まだゼンラーの方がマシだと思えてしまうぞコレ(苦笑)

ちなみに激しく余談ですが、ヒデオの口上をそのまま受け取る限り、
やはりヒデオが正式な二代目聖魔王という事でいいんでしょうかねー…
こんなシーンで分かってしまうというのもなんですがw




○システムR

そんな騒動の一方で、不穏な動きを見せるオートライン側…
謎の薬とマックルさんを囲む謎のシステム、そして科学を以て
精霊の存在を証明とは…それらと新兵器の開発はどう繋がるのか?

あと、シュウトって誰なんだろうなー…ザスニ掲載時の
主人公かと一瞬思いましたが彼はコウタですしね。
今度ヒデオ達と絡む事があるんだろうか…見る限り
精霊を軽んじない主義のようですから、いずれどこかで
接触はありそうですけれど。





そんな訳で今回の感想でした。いや、ホント「晒しし者」のインパクトが
強すぎて他が割とどうでもいい感じですよー…(ちょ

次回は恐らく夜の訓練、謎の薬を用いた私兵部隊とシステムRの存在が
メインとなりそうですが…それが一体どんな変化をもたらそうとするのか、
やはり気になります。あ、それとコンテストやってた上司達(主に那田さん)が
ボコられるに一票!(←

そんなこんなで色々と楽しみにしつつ、ミスマルカと併せて年末を楽しみに
待ちたいと思います!ではでは、今回はこの辺で。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cyclescorp.blog42.fc2.com/tb.php/508-91b5e7a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)