柳星の季節

トモアキ作品&ネギまメイン。まったり進行中。

ザスニ10月号・「レイセン」3話感想!

どうもこんばんは、お久しぶりですサイクルです。
ようやく一段落ついたので更新できますよー・・・

さて、先日発売したザ・スニーカー10月号ですが・・・そこに出ていた発売予定表によるとⅩ暑・11月にもレイセンの姿はなし。そうなると多分12月頃になるのでしょうかねー・・・個人的にはかなり楽しみなので、年内に出てくれるととても嬉しいのですが。

さあ、それでは感想に参りましょう!続きは追記からどうぞー。

※ここから先はネタバレを含みます。マスラヲやレイセンを未読の方、
単行本派の方はご注意くださいませ。
























○今月のアバウトあらすじ

珍しくタイミングが被り、ヒデオ以外外出中の神霊班。留守番の恐怖に慄きつつ、ノアレとウィル子にいじられて過ごすヒデオの前に、現れたのはフェラーリを乗り回す学生服姿の女性。彼女がやってきた目的は・・・?






そんな訳で新キャラ、鈴蘭と同い年にして内調所属、裏の世界も知る謎の女性、桃城千景さんの登場!エルシアや睡蓮とはまた違ったクールさを持つ人ですね~・・・しかし、ヒデオの周囲って本当に基本ヒデオを振り回すタイプの女性しかいないなー。多分ラティさんが唯一の良心なんでしょうけれど(^^;)


それともう一人の新キャラ、頸城さんもまた一筋縄ではいかなそうな雰囲気を。
警察関連と言う事は、もしかしたら美奈子さんも絡んで出てくるんでしょうか?
どうも美奈子はヒデオと方向性の似た部署に所属しているようですし、
結構期待できる気もしますけど。


さらに、今回は初めてノアレとウィル子のコンビを見る事ができましたが・・・
うん、これはひどいなー(褒め言葉
極悪愉快型と闇が組むと、ここまでの能力を発揮するとは・・・!
いやまぁ楽しそうで良いんですけどね、見てる分には(ちょ


そして、三度出てきたオートライングループ、そして「関式」の影。
彼らは何を生み出し、何を為そうとしているのか。のんびり風味で進行しつつも、
風呂敷は確実に広げられていってるようで・・・中々もってワクワクします。


とまぁ第3回の感想でした。後日書きたいと思いますが、「関式」はミスマルカⅤ巻とのリンクワードでもありますし・・・ここからどう少しずつ動いて行くのか、2ヶ月後が待ち遠しいですねー(^^)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cyclescorp.blog42.fc2.com/tb.php/485-91e681e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)