柳星の季節

トモアキ作品&ネギまメイン。まったり進行中。

ワンナウツ・AS編3話感想

雪が降りそうで降らない今日この頃、どうもこんばんはサイクルです。
まぁいきなり大量に降られても困るのですけれど(^^;)

さて、随分と遅くなってしまいましたがちょっとした感想を。続きは追記からどうぞー。

※ここから先はネタバレを含みます。ご注意ください。











○3話概要

様々な思惑が裏で動く中、ついに始まったオールスターゲーム。田辺はその影響力を駆使して渡久地の登板を2回の最終盤に指定し、集客・視聴率効果と渡久地の精神的疲弊を狙うが、その思惑はあっさりと渡久地に看破される。
一方、始まった第一戦では渡久地の指示で先頭打者が奇策に出る。それは見事にハマり、結果11-4の圧勝でオールパが勝利。見から聞いた情報もあり、仁科は渡久地が十奪三振を成し遂げるとの確信をますます強めていく…





さて、気になった所をいくつか。


○チーム名

今回のオールスターの主要メンバーで、ついにセリーグ側の全チーム正式名称が明らかになりましたねー。本編では何度か元ネタは同じはずなのに違うチーム名が出てきた事もあるので…これでさっぱりしたなー。



○オール・パ

監督は田辺の言いなりになっていましたが、それ以外の面子はあまり渡久地との確執もないようで良かった良かった…まぁ、見や天海がオールスター戦にまでそんな感情を持ちこむとは考えにくいですしね、元々。



○井ノ町

本編では時折名前は出てきたものの、活躍は他の面子に比べて少なかったリカオンズメンバー…今回、中々大きな働きをして目立っていたので何か嬉しいですね(^^)





そして次回からは運命の第2戦。高輪の不審な動きと田辺の妨害がどのような形で渡久地を襲うのか…そして、渡久地はどうそれを上回るのか。なかなか気になるところです。

そして、この調子だとあと3話ほどで終わるか…ってことは大体1巻完結くらいかな?コミックスが出るのも楽しみだなー(^^)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cyclescorp.blog42.fc2.com/tb.php/374-6def2fc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)