柳星の季節

トモアキ作品&ネギまメイン。まったり進行中。

たまには違う漫画でも

こんばんは、サイクルです。私信になりますが、今更ながらアクセスを二重カウント式に変えました。というか今まで他のサイトさんが二重カウントにしている事を知らなかったので、それにならってみました(^^;)

さて、このブログでは普段ネギまをメインに取り扱っていますが、実際私は立ち読みが好きで、それなりには色々と読んでいたりします。そんな訳で、今回はそんな漫画の中から少し書いてみようかなと。
興味のある方は追記からどうぞ。


※ここから先はマニアック、かつ暴走気味になっている恐れがあります。ご注意ください。









それではいくつかチョコチョコと。作品名の横にあるのは作者名、出版社名、私が読んだタイプでの巻数です。


○キン肉マン (ゆでたまご先生 集英社 文庫版全18巻)

いわずと知れた名作!中高生で細かく知っている人は意外と少ないですが(^^;)
「落語なら音量が百万ホーンでも大丈夫」
「二刀流の力は2倍」
「砂は音に弱い」

などなど、冷静に考えれば?となる現象も勢いでなんとなく納得させ、読ませてしまうのはさすがだと思います。色々変わった超人が出てくるのもまた面白い!
個人的に印象に残るセリフは、ミキサー大帝の
「イエース、このわたしにはね」
でしょうか(分かる人ほとんどいないって




○うしおととら (藤田和日郎先生 小学館 コミック全33巻)

これも結構知っている人は多いはず。少年漫画の王道を行く妖怪漫画だと思います!登場人物が皆力強く、熱い!そんな訳で随所で、特に終盤は泣けます。読後は爽やかな気分になれるかも。

ちなみに、コミックの巻末には時々クイズが付いています。これがまた面白いんですよねー♪
やけにはっちゃけたクイズが多いですからw

登場人物は基本的に全員魅力的なのですが、個人的に大好きなのは
・徳野さん
・流兄ちゃん
・さとり
・鏢さん
・十郎兄さん
など…上げていけばキリがありません。特に、各々のセリフが格好よすぎる!
「オレは・・・まっすぐ立ってるか・・・?」
とか(だから分かる人ほとんどいないって

ちなみに、余談ですがこの時期のアシスタントさんには、現在有名な多くの作家達がいる事でも知られています。雷句誠先生もその一人で、ガッシュにも所々にうしおととらの影響が見られたりします。ビクトリームのバイクの乗り方とか、最終決戦の辺りなど。



○ジョジョの奇妙な冒険 (荒木飛呂彦先生 集英社 コミックは現在SBR(第7部)がウルトラジャンプにて連載中)

これもまた言わずと知れた名作!今更語れる事もありませんが…とりあえず私は大好きです♪味方だけでなく、時には脇役、敵にすらシビレて憧れる精神の持ち主がいる…それがまたいいんです。

ゲーム化も結構されていますが、いつか「ジョジョオールスターズ」のような形で全作品からキャラを出した2D格闘ゲームが出ないでしょうか。出たら絶対買うんだけどな…





○天~天和通りの快男児~ (福本信行先生 竹書房 コミック全18巻)

麻雀を通して描かれる男達の思想や生き方がなかなか熱いです!そして、麻雀が分からないという方も15巻最後~18巻にかけての話は十分に読むことが出来ます。このラスト3巻の密度は濃い…
ギャンブル漫画は子供のうちに読んではいけないという考えもありますが、否、読んで損は無い、特にこれはそうだと思います。何かに疲れた時など、読むと何かを得る事が出来る本です、多分。








とまぁ、今回はこんなところでしょうか。次回があるのかは不明ですがw

書いていて思ったのは、やはり漫画っていいもんだなー…と。何かどれも読み直したくなってきました。
文庫版などが出ているのも多いですし、天以外は比較的簡単に見つけれると思うので、興味のある方はどうぞ♪

それでは、多少変なテンションにお付き合いいただきありがとうございましたー!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cyclescorp.blog42.fc2.com/tb.php/21-fae9491b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad